結婚式の準備で意見が合わないことは多々あります。ですが、結婚

結婚式の準備で意見が合わないことは多々あります。ですが、結婚式はもちろんですが、これから先も新郎新婦の足並みすら揃わないのでは、少々不安ですよ。譲り合うこと、相手の話をよく聞くこと、相手の親御さんのことも思いやれることが大切です。

どこで式を挙げるにしても最初の見積もりより、50万くらいは高くなると思っておいた方がいいです。交渉次第では持ち込み料を無料にできたり、サービスしてもらえることもあるけど、削れない物は料理と引き出物と菓子となどのゲストにかかる所です。

一生に一度の挙式披露宴。悔いなく終わらせたいし、ゲストにも楽しんでほしい、何でも話しやすい担当さんと気配り目配りできるスタッフは大事です。

微妙な時期に中途半端な結婚報告をされると、式はどうするのかな?とか、お祝いはどうしようかな?と悩むこともあります。事後報告にしてくれれば、そんな気遣いをしなくて済むのにな〜と思いました。

挙式スタイルは人それぞれです。結婚する二人が自由にとり行えば良いのです。

結婚式場を探し始めるのは、プロポーズ後&ご両親の了承済み後のほうが良いと思います。けじめという面でも、きちんとプロポーズしてからの方が喜ぶのではないかと思います。

結婚式の金額を抑えたいのであれば、最初から優先順位をしっかりプランナーに伝えること。持ち込みが可能か確認しておくこと。もともとたくさんのことを決めなければいけませんが、更に値段交渉をするのであればスタッフが親身になって相談にのってくれるところを選ぶことです。

人生の中で最も美しくありたい日の結婚式で着るウェディングドレスは、どの衣装にこだわるかと言うより、自分が似合う色、自分が着れる衣装を選んだほうが後悔しないと思います。

結婚式場を探すときは、特典のあるサイトやウェディングデスクを比較し、どこが一番お得かを検討したほうがよいでしょう。飲食店を利用する際に、割引クーポンを持って来る客と持っていない客の違いと同じで、持ってない客が損するだけです。

結婚式場の見学やブライダルフェアの申込は沢山のウェディングサイトからできますが、サイトによって特典が少しづつ違ったりするので、ご自分に合った特典のサイトから、申し込みをしたら良いかと思います。

「Relie(レリィ)」というサイトは最大で10万円もらえるようで、ゼクシィから予約してもメリットはないので、こういったサイトで予約したほうがお得ですね。

ご参考になれば幸いです。
ではでは、また!

憧れってのもわかりますけど、結婚式・披露宴のマイナスイメージ

憧れってのもわかりますけど、結婚式・披露宴のマイナスイメージって結構残ります。本来結婚式はお二人の為では無く、お二人を祝福してくださるご親族やお友だちをお招きしておもてなしするための場であることをお忘れなく。

結婚式の二次会は、披露宴に行く様なフォーマルでなくてもOKですが、男性ならスーツで行くのが無難と言えば無難で簡単です。カジュアルなパーティーなら、シャツにジャケットという人もいます。フォーマルな雰囲気なら、ジャケットの柄はあってもなくてもいいと思います。

披露宴の余興で、プロやセミプロレベルでも、聞いたことのない英語の歌をしっとり歌われてつまらないなぁと思うことも多いし、カラオケレベルでも楽しい歌の余興はたくさんあるし、どんな余興も最終的には内容次第だと思います。

結婚式・披露宴のおもてなし、とは配慮のことだと思います。自分たちの結婚式に来ていただいたから、居心地のいいように、配慮する。自宅に来客があったら、お茶も出さないのですか?座布団出しませんか?それと同じことです。

ウェディングドレスの値段を割り引いてくれる式場はたくさんあります。2着目を割引きにしたり、新郎新婦セットだったり、なんとかカードを使うといくらとか割引の種類がたくさんあります。中には1着無料になる結婚式場もあります。

結婚式で節約するのはいいと思うんです。結婚式にお金かけたくないタイプもいるでしょうし。こっちもお祝いしたい気持ちだから3万包むんです。でも、自分たちの楽しみや思い出にはお金を費やしてゲストに出すものを節約するってね・・

結婚式の二次会で花嫁はウェディングドレスなんてザラです。結婚式のようなウェディングドレスまではいかなくても、ミニドレスや白のパーティードレスをお召しになる方も多いです。二次会であってもゲストが白のドレスを避けようとするのは自然な事です。

ウェディングサイトを利用することでブライダルフェアで節約できます。何も特典がないサイトもありますが、現金やお得な特典がもらえる場合があります。間違っても気になる式場のホームページから予約してはダメです。こういった特典はもらえません。

結婚式場探しは定番なのはやはりゼクシィですが、最近ではたくさんサイトがあります。どこで調べてもほとんど同じ式場が載っていますのでポイントが付くサイトや現金がもらえるサイトで式場探ししたほうがオトクではありますよね。

結婚式の二次会会場はネットで探すのが早そうです。「ぐるなびウエディング」「ゼクシィ」このあたりでしょうか。最近ではお祝い金として現金がもらえたり(「Relie」)、ディズニーチケットがもらえたりと、特典があるサイトもあるそうです。

ご参考になれば幸いです。
ではでは、また!

結婚式の服装は男性より女性の方が確かに面倒ですね。若い人向け

結婚式の服装は男性より女性の方が確かに面倒ですね。若い人向けのテナントが多く入っている様な所は、マナーを無視したドレスを勧められる事が結構あるので、高島屋とか大丸とかおばさんが良く行きそうなデパートがいいです。

人にもよるけど、女性は何かしら結婚式に妄想を持っている。少しの無理位なら、その夢を果たしたいと思っています。一生に一度しか経験できない感動に、期待して演出しているのです。

結婚式場の見学時のチェックポイントは、アクセス(駅近or送迎バスがある)、遠方のゲストが多ければ宿泊施設の有無、料理、雨の日の対応…など。これはそれぞれの優先順位があると思うので。ただ、個人的に思うのは料理ってかなり重要です!ゲストの方の印象にすごく残るようです。

ブライダルフェアは、会場の見学や見積もり・説明などで、大体1件につき2〜3時間かかります。体力的にも結構きついので、1日に2〜3件がよいでしょう。

式場選びは、式場によって披露宴も変わってきますから大事な決断時です。スタッフの接客態度は大事です。集客活動をしなくてもお客が集まるような人気の式場は、スタッフ教育がしっかりしている所が多いですが、中には、スタッフの接客態度がなっていない所もあります。

結婚式の受付をしてくれた人へのお礼は現金が基本です。他のゲストがいない場所で親御さんから受け取ることが一般的だと思うので、席に用意するのはあまりよくないと思います。

最近は○婚など通常よりかなり安い料金で挙げられる方法もあります。

なぜ安くなるのか、3〜6カ月以内を目安に、式場の空いている日にいれていく為です。当然、仏滅や赤口の土日などがメインになります。気にされない方・急いで用意できる方には良いかとは思います。

ガーデン付きの結婚式場をお考えなら、なるべく晴れの日が多い月を選んだほうがいいですね。ゴールデンウィーク辺りや5月がオススメです。特に5月は晴れている日も多いし、適度に気温もあるので薄着での女性には助かります。あんまり寒いとせっかくのガーデンが宝の持ち腐れです。

結婚が決まったら、まず、結婚情報誌やウェディングサイトでいくつか式場をピックアップして、資料請求をする。最近ではサイトごとでオリジナル特典を用意していたりするので、どこのサイトを使うかで、もらえる特典は違ってきます。

「Relie(レリィ)」というサイトは最大で10万円もらえるようで、ゼクシィから予約してもメリットはないので、こういったサイトで予約したほうがお得ですね。

ご参考になれば幸いです。
ではでは、また!

結婚式は妥協できることとできないことを切り分けるのが大事です

結婚式は妥協できることとできないことを切り分けるのが大事です。ほとんどの人が全部を妥協していないってわけじゃなくてたとえ400万500万かかっていてもたいていの人は妥協して節約してその価格なんです。

手作りしたり、友人に頼んだりして結婚式の費用を抑えようと思っていたところがことごとくダメと言われ、費用が上がってしまうこともあります。

結婚式で覚えているのってドレスのこと、サプライズ余興、ドレスの裾を踏んづけたこと、挙式でのハプニング、などなど、そんなことばかりです。どれだけ楽しく過ごせたか、幸せな気持ちになれたか、そっちのほうが心に残っています。結局、主役は花嫁と新郎ってことだと思います。

結婚式場次第だけど、ドレスのレンタル料は持ち込み料を払ってでも外でレンタルしたほうが安くつく場合もある。それに好きなデザインのドレスを着れます。

ホテルでも手作りはできますが、ハウスウェディングの方が全館貸し切りなので、アイテムを置くスペースもたくさんありますし、トイレにメッセージ置いたり細かい所までこだわれます。ロビー等も自分たちのゲストのみのスペースで、ゆったりと過ごすことができます。

ブライダルフェアでは、必ず見積もりはもらいましょう。大まかで良いので、上下する箇所(上下出来る箇所)などを簡単に聞いておくと、他の式場と比較する際に便利です。

結婚式を自分がどんな風にしたいのかによって、(オシャレ重視とか手作り感重視、交通機関重視、料理重視など)同じ結婚式場であっても、色々変化させることができます。

結婚式の衣装代は自分でもったほうが、値段やデザインを選べるかもしれませんね。

結婚式や新居の準備が忙しくなると、忘れがちになるのが二次会の準備。結婚式の二次会会場を探す際、何の特典もなしに、タダで見学・契約するつもり?それは非常にもったいないです。二次会会場探しは「ぐるなびウエディング」や「ゼクシィ」が便利ですが、特典があるサイトから申し込んだ方が絶対お得ですよ!!

最近ではポイントが付くサイトや現金がもらえるサイトもあるようで、「Relie(レリィ)」というサイトは最大で5万円もらえます。ぐるなびウエディングはお店ごとに特典があったりなかったりするので、どちらかで予約したほうがお得です。

ご参考になれば幸いです。
ではでは、また!

もし家族以外を呼んでペットウェディングをする場合、動物が苦手

もし家族以外を呼んでペットウェディングをする場合、動物が苦手な人もいるだろうし、アレルギーがある人もいるだろうし、あらかじめ招待状にその旨を記載しておいたほうがいいですよ。

ゲストハウスは、一日に多くても2組(昼・夜)なので、結婚式中は全てのスタッフが両家の為に動いてくれます。時間もある程度の融通が利き、写真撮影もゆっくり出来るでしょう。音響や照明、会場の作りも全て結婚式の為に作られているので、一般的なホテルより披露宴向きなのは確かです。

よい結婚式とは、自分たち中心ではなくゲストを第一に考えた式だと思います。

神社での挙式の良い点は「本物の重み」とでも言いましょうか、何とも言えない重々しさ(いい意味で)があり、当事者である新郎新婦はもちろんのこと、列席者の方々からも滅多に経験できないことのようで、大変喜ばれます。

結婚式に呼ぶ友人は、心の底から呼びたいと感じた人だけ呼んで下さい。人数合わせで大して仲良くない友人(というよりただの知人)を招待することは失礼だと思いますよ。

入籍が先、結婚式が先かはあまり気にしないでいいと思います。記念日だから忘れにくい日が良いとは思いますがね。

ブライダルフェアで写真撮影がダメだという式場は今まで見たことありません。会場もいろんな角度から撮り、テーブルコーディネートや会場装花などよく見て記録に残しておくといいです。

見た目重視で中身ボロボロの会場もあるし、スタッフの対応が悪いと結婚式当日に不手際やトラブルなんてこともあります。スタッフの質は大事です。一流の会場は高いけど、しっかり対応してくれます。

結婚式の二次会会場はネットで探してみるのが手っ取り早いです。ぐるなびやゼクシィで探してもいいですが、最近では特典があるサイトもあるみたいだし、そっちで探した方がお得感はあります。

飲食店を利用する際に、割引クーポンを持って来る客と持っていない客の違いと同じで、持ってない客が損するだけです。ちなみに「Relie」というサイトは最大で5万円もらえるみたいです。

ご参考になれば幸いです。
ではでは、また!

人気の式場でも、3か月先の土曜日が空いている場合もあるし、半

人気の式場でも、3か月先の土曜日が空いている場合もあるし、半年先までいっぱいという事もある。最近は、仏滅も関係なく埋まっている事があるので、行ってみないとわかりません。仮予約で押さえているだけの人も結構いますし、式場探しは運次第なとこもあります。

式・披露宴・二次会を白ドレス一着のみでも良いと思います。ドレスは同じでもブーケやグローブを変えるとか、白ドレスにリボンをつけるとかでも印象はガラッと変わります。衣装にお金をかけるのはもったいないです。それよりも新生活に回したほうが・・と思ってしまいます。

結婚式二次会の景品で意外に喜ばれるのはグルメギフトです。お肉だのお菓子だのフルーツだの。既婚・未婚・職・年齢問わないしオススメです。

ハイシーズンに比べ、ローシーズンは安く結婚式が挙げられます。人気のない夏や冬は割引がある結婚式場もあるのでかかる費用はほんとに安くなります。費用を抑えつつ、人気に会場で結婚式を挙げたい方、ゲストから文句言われても、気にしない方にはオススメします。

ウェディングドレスの値段を割り引いてくれる式場はたくさんあります。割引してもらって1着当たり20万程度なら普通だと思います。もともと割り引くことを前提とした金額設定ですので安くもないし普通ではないかと思います。

レストランウェディングのデメリットは、ホテルや式場みたいに演出はそこまで派手にできない。よくある大きなウェディングケーキなどはおそらく用意できません。

神社で挙式する場合は参進などもあると思いますので、寒い日と暑い日は避けましょう。春か秋が良い気候なので、お外の式も気持ち良いと思います。ただ、秋は台風の心配もありますね。

青菜 丸の内 二次会

きまぐれに更新中!

式場としては、ある程度の人数を把握して、準備しておきたい気持

結婚式の見積もりがわかりにくいのはブライダル業界の悪しき習慣とも思える。車を買うときを想像してみるとわかりやすいかも。車のオプションだと見積もりの段階でのある程度どういったモノかがわかるんだけど、結婚式のオプションはそれがわからない。

最近はカードで支払いができる式場も増えてきました。大手のホテルなんかでは結構多いです。但し限度額の関係があるのでカード会社に事前に確認した方がいいです。披露宴費用支払いのため、と相談すれば限度額をあげてくれるカード会社もあるそうです。しかし、カード不可の式場も多いのが現状です。

結婚式費用の支払いにクレジットカードを利用する際は、限度額は少し多めに上げておくのがよいでしょう。結婚式の他に、新婚旅行等で使うなら、少し多めに上げておかないと(+100万)、旅行先で使えません!!って事になったら大変ですよ。

式場としては、ある程度の人数を把握して、準備しておきたい気持ちもありますし、料理を出してくれる所などもありますので、「御婚礼料理試食会」とかある場合は、必ず予約しましょう。

結婚式場を選ぶ際、料理とスタッフの応対も重要です。ゲストのことを考えたら交通の便も大事です。少々不便なところでも、送迎のバスが出れば、ゲストは来やすいですよね。

結婚式は新郎新婦がやりたいことをするのは勿論ですが、全て「集まって下さったゲストのために感謝を込めて」という部分を忘れないでください。

ガーデンウェディング 東京

きまぐれに更新中!

一概には言えませんが、格式なんてあいまいです

ゲストハウスの方が格が下なんて言われることもありますが、そんなことはありません。一概には、言えませんが、格式なんてあいまいですし、ホテルであれば、10軒程度の一流ホテル以外は、どこと比べても大差ないと思います。

歴史のある式場が今日まで営業できているのは、やはり、一定以上の評価を頂いているから。今風の式場=好評価、ということにはならないでしょう。

船上ウェディングは、悪いことばかりではなく、天気や波に恵まれたなら 夜のクルージング披露宴はとてもきれいで、お客さんらが酔って海に落ちないかは心配ですが、式場では得られない経験になります。

結婚式の費用って、結果、かかっちゃうんですよね。料理が少ないのが結婚式で一番印象が悪いから2品増やそう!とか、パックの衣装は気に入らないから持ち込むとか。

すべてにあてはまる訳ではありませんが、ゲストハウスウェディングのデメリットしてブライダル事業からの収益しかないので、あの手この手でお金を使わせようとしてきたり、ホテルやレストランより料理の専門性が低かったりします。

明治神宮前 結婚式 二次会

きまぐれに更新中!

結婚式にあまり関係の薄い友達を無理して呼ぶ必要はありません

結婚式にあまり関係の薄い友達を無理して呼ぶ必要はありません。人数が多い少ないは関係ありません。とても仲の良いお友達に心から祝福してもらえることが最高の幸せですよ。他の人と比べる必要は全くありません。

結婚式場側からすると、ゼクシィなびのような紹介所からのお客様と直で予約をしてくれたお客様、もちろん後者の方が有り難いようです。なぜなら、余計なマージンが発生しないので。その分、割引や特典も対応しやすいです。

結婚式の費用分担を折半にする場合もありますが、折半の良い所はお金を平等に割れると言う事です。しかし、新婦側からするとちょっと気が引けると言う声もあります。婚礼は圧倒的に新婦に使う費用が多いからです。

結婚式で節約できるところは、ドレスのレンタル価格、装花、ブーケ等のお花類、ペーパーアイテム。節約しても節約してるな〜って思われないよう工夫は必要です。節約って、難しいですよね。間違えるとケチとかお粗末な披露宴になりまねません。。

ブーケトスは独立したチャペルで、ライスシャワーの後にやるのはすごく素敵だと思います!ちょっと高いところからの投げる瞬間の写真とかすごい雰囲気ありますし。

最近は先に入籍してすでに結婚指輪をして生活してる人も多いので、おかしなことではありません。新鮮な気持ちで指輪交換したいなら、式まで我慢してとっておくのもアリです。いつからつけようと個人の自由です。決まりはありません。

神前式とはいえ、費用はそれなりにかかります。一応親族も呼んで、となると、来てもらった以上、式後に会食程度のおもてなしは必要でしょう。

結婚式 二次会 横浜ベイシェラトン

きまぐれに更新中!

代行業者の二次会はある意味とっても形式的に感じることもあるかもしれません

男性は女性ほど結婚式にこだわりがない、という場合が大半なんですよね・・

結婚式の二次会代行業者のデメリットは、ゲームや進行方法がパターン化されているので、ある意味とっても形式的に感じることもあるかもしれません。代行業者の二次会に参加したことある人にとってはつまらなく感じることもあります。

結婚式の二次会の幹事を頼まれることがありますが、新郎新婦にはせめて、会場、招待客リスト、開始時間くらいは決めてくれると幹事は助かりますね。開始時間は、披露宴の終了予定と、そのあと何時間くらいで会場へ行けるかで変わるので、投げられても困りますね。

結婚式二次会の会費は7000〜9000円ぐらいが一番多いと思います。また、男性8000円、女性が7000円と差をつけることも多いです。でも二次会の会費っていつも高いな〜って思ってるので、できるなら、安めに設定してほしいところです。

結婚式二次会で新婦のドレス代を会費で賄うなんてありえません。確かに、二次会で使用するとなるとドレス代が追加で必要となります。でもそれをゲストに負担してもらうなんて聞いたことがありません。さすがに非常識ですね。

神田明神(明神会館)付近の結婚式二次会会場

きまぐれに更新中!